忍者ブログ
彫刻家・田中等の日々雑感・最新情報
[972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [966]  [965]  [964]  [963]  [962
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆今日はあいにくの雨の日曜日となりましたが、妻と一緒に宮崎市へ出かけました。

まず宮崎県立美術館で今日まで開催されていました”僕たちの広場展#2”へ顔を出してみました。

この展覧会は、30代の若い作家たちが中心になって集まったグループ展で、昨年は第一回展をアートセンターで開催したのだそうです。

私は昨年の展覧会を見ていないので、多分私がイランに行っていた時だったのかもしれません。

参加作家のうち面識のあるのは半数の作家ですが、確実にこれからの宮崎の美術界を担っていく作家たちばかりです。

近年、宮崎の美術界は若い作家たちの意欲的な発表が目を引きます。

ぜひ、この宮崎に大きな嵐を巻き起こして欲しいと思います。

彫刻は大野匠(宮崎大学講師)と田村将太(空港展事務局)が参加しています。

DSC00628.JPG





















DSC00629.JPG





















DSC00630.JPG





















DSC00631.JPG





















DSC00632.JPG





















DSC00633.JPG





















☆引き続いて、今日からみやざきアートセンターで始まった”wonder art space”へ出かけました。

私はアートセンターの展覧会へ行くのは今日が初めてでした。

なんだか妙にごちゃごちゃした構成のセンターで、展覧会会場に辿り着くのがなかなか難儀でした。

この”wonder art space”という展覧会は、アートセンターが宮崎県内の若い作家たちを発掘する目的で応募を呼びかけ、選考された作家たち5組6人が個展形式で展覧会を開いているものです。

したがって、会場費は主催のアートセンターが負担しますので、発表したくても個展を開く経済力のない若い作家たちには大変ありがたい企画です。

この展覧会が今回が初めてなのか複数回目なのか、今浦島の私には分かりません。

今回は彫刻の横瀬勝彦と立花克樹が1組で2人展を開催しています。

d633be22.jpeg





















DSC00637.JPG





















立花(左)と横瀬(右)。

立花は先月、ボリビアの木彫シンポジウムに参加してきたばかりなので、その話など興味深い話で盛り上がりました。

DSC00638.JPG





















ほかに湯浅義明君も個展を開いていました。彼も個展は久しぶりだと言うことでした。

DSC00640.JPG





















私たちの若い時代にはこんな発表の場も機会もなかったので、今の若い作家たちはとても恵まれていますね。

私も頑張らねば。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
プロフィール
HN:
田中 等
性別:
男性
職業:
彫刻家
自己紹介:
宮崎県在住の彫刻家。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最新CM
[08/07 田中]
[08/07 りか]
[03/03 田中]
[03/02 杉尾 幸]
[03/01 NONAME]
最新TB
忍者ブログ [PR]