忍者ブログ
彫刻家・田中等の日々雑感・最新情報
[254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆昨日の報告です。
昨日は「東亜細亜3国現代美術家展ー清州2008」の搬入展示作業でした。
会場は大清湖湖畔に立つ大清湖美術館。
湖に沿った山並みには美術館をはじめ、韓国の民族村を再現した公園になっていて、非常によく手入れされた清冽な空気の漂う素晴らしいロケーションでした。
みんな展示作業はそっちのけにして観光してまわりました。
PA210016.JPG























PA210022.JPG























PA210025.JPG























突き当りが大清湖美術館。配置された彫刻は地元の作家たちの作品で、感心した作品は余りありませんでした。
PA210055.JPG























☆韓国の作家たちはみんな大学教授ですので搬入には多くの学生さんたちが手伝ってくれました。
PA210062.JPG























PA210064.JPG























☆この展覧会は忠北芸総創立50周年記念行事の一つとして開催されます。
夜は文化会館でそのセレモニーが行われ参加しました。
いきなり広島・長崎原爆投下による日本の敗戦によって韓国の独立が始まったと言うショッキングな映像スクリーンによって度肝を抜かれました。その中から忠北芸総の歩みが始まったと言う流れの紹介だったのですが、金在寛教授も私たちも冷や汗ものでした。(これが韓国の対日教育なのだと実感)
しかし記念セレモニーの舞台はとても素晴らしいものでした。
素晴らしい演奏、美しい舞子たちに「たまゆら」も出っ放しです。
PA210067.JPG























チマチョゴリをこれまで美しいと思ったことはありませんが、今夜のバレーダンサーによる舞踊はその美しさを見直す見事なものでした。
観客からも興奮の余り待ちきれずに拍手や叫びが起こりました。
大きな「たまゆら」が出ていますね。
PA210068.JPG























PA210071.JPG























☆式典を途中で抜け出して金教授の教え子の店でようやくビールで乾杯でした。
PA210075.JPG























PA210076.JPG























長崎の[ima]展にも招待出品されたことのある作家のカラオケに合わせてのパフォーマンス。音楽が自然に血管の中に入ってきて体が動くのだそうです。
この宴会では彼女の回りだけ「たまゆら」が出ていました。
PA210083.JPG























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
プロフィール
HN:
田中 等
性別:
男性
職業:
彫刻家
自己紹介:
宮崎県在住の彫刻家。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
最新CM
[08/07 田中]
[08/07 りか]
[03/03 田中]
[03/02 杉尾 幸]
[03/01 NONAME]
最新TB
忍者ブログ [PR]